scroll down
大事なのは、あなたの基準

代表取締役社長 横山 篤

MENU

学生のみなさん。就職活動は順調でしょうか?
ここ数年は「売り手市場」と言われ、幾つかの企業から内定通知をもらっている人も多いのではないでしょうか。
就職先を選ぶとき、何を基準に選ぶかは大切ですし、本音と建て前は別かもしれません。
面接で「何を基準に当社を選びましたか?」という質問に本心で答えられる人は意外と少ない。
カンタンに言えば求人サイトでの「絞り込み検索」でどのような条件で絞ったのか。
業種>働く場所>資本金>社員数>等々... しかし、絞り込み条件に出てこない「自分にとって良い会社」を絞るのは確かに難しいし、入ってみなけりゃ正直わからないと思います。
しかし、どうせわからないのだけれど、得られる情報で判断するしかない。
その中の判断基準のひとつは「社長(経営者)」かもしれません。中小企業の社風は良くも悪くも社長に適正化するものです。
だからこそ自分に合った経営者と一緒に働くのが一番いいのかもしれません。
是非、私に皆さんの「本音の会社を選ぶ基準」の話を聞かせて下さい。

あなたの本当の
働き方と共に。

最近、政治やメディアでひときわ耳にするのは「働き方改革」です。
過労死問題を受けて36協定法の改正であったり、今までアルバイトや期間雇用であった在宅勤務や時短勤務を 「多様な働き方」ということで、生かされていない人材を取り入れ、非正規雇用から正規雇用の枠に入れようという取り組みですね。
確かにソフト開発のコーディング作業などはテレワーク化して、通勤という無駄を省くことができる。
通勤に往復2時間かけている社員がいれば、それだけで年間約60日は効率化する事ができる。
ただ、皆さんに考えてほしいのは、「働く」ということを悪者にしてはいけないということ。
誤解が無いように先にお伝えすると、決してブラックな働き方を推奨するわけではありません。
「一生懸命働く」ということを正しく皆が理解している会社。
そういう会社でありたいと思います。
皆さんの人生をより良いものにするには「本当の働き方」が大事だと思っています。
自分のために「働き方」を本気で考えるあなたを 私たちは歓迎します。

ENTRY